え・エエッ!当たり前が欲しいならココっ!

容易くこなせるものから入り!少しずつ考えさせる内容になり!自然と文章を組み立てなれるようになっているように思っています♪まだ!最後までは解いてませんが!購入してよかったと思います。内容が充実しています。 今後の成績に期待です。

これっ♪

2017年06月08日 ランキング上位商品↑

当たり前ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集(小学生版) 偏差値20アップは当たり前! [ 福嶋隆史 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

小学生の娘にもやらせようと思います。実際の長文を読みながら…という問題集ではなく!言葉の言い換えがどのように使われているか!を学ぶことによって長文を読む時に!どの言葉に注目して読み解いていけばいいかというコツをつかむ内容になっています。この問題集で少しでも子供に頑張って欲しいです。4年生あたりでも十分取り組める内容だと思います。続けていったら確実に力がつくと思います。小学6年生の子ども(男子)用に購入しました。しかし!一般の模試でなかなかよい点数が取れない。「本当の国語力」が驚くほど伸びる本とあわせると素晴らしいと思います。まず!問題集に取り組むの面倒くさい〜というハードルが少し下がります。国語が苦手な小5の息子に購入しました。:指摘については、解答に書いてあるアドバイスを元に、親側でプラスアルファこの本を購入して、1/3程度終わったあとにおこなった塾のテストで高得点(sapix偏差値70)。これまでの国語のワークと違い、考えさせながらも、楽しめる内容と感じています。国語の読解が長文内容によって、できたりできなかったりの息子に購入。確認にもいいですね中学一年の息子用に買いました。その後!国語の宿題を行っていても!的外れなことをいわなくなってびっくりしました。苦手なところを重点的にするのにいい問題集だと思います国語が苦手な小学3年の男の子ですが、地味にやらせたいと思います。が、簡単なので気軽に取り組めます。読解力、記述問題に少し困難を感じ始めて購入しました。算数は得意、国語も定期テストは悪くない。もちろん、100%この本の成果とは思っていませんが、子どもとしては自信が深まったようです。国語が苦手の中学生の子どものために購入しました。問題の質がすごく良くて、3年生の息子も喜んでトライするのですが、欲を言えば問題数がもっとあると嬉しいかな?年に一度、6年生ぐらいまで繰り返してやらせてあげようかと思っています。ただ高すぎる。少しでも力がつけば良いと思います。まだ途中なのでわかりませんが!よさそうです。中盤になると、記述問題もありますが、自分で書き換えすることで書く訓練にもなりますし、ハードルが高くなく進んでくれるといいなと思います。ボリュームも多くないので二日かけて解きましたが何度か繰り返せば理解できそうです。やはり基本の国語力がついていなかったんだと分かりました。読解力がまったくないのですこしづつ身についていく問題形式で、わかりやくす楽しんで取り組める内容になっています。帰国子女で、行間を読めないムスコの為に購入。でも!シンプルな問題なので!答えはこれしかないという数学のような安心感があり!あいまいにはなりません。模試の偏差値もあがりました。国語が弱いので購入しました。これからどんどん2、3と出して欲しいです。事実無事通過できましたしいうことないです。:男子御三家志望:国語の偏差値はイマイチ(sapix55程度)示されている例文をマネしながら穴埋めをしつつ、文章を考えていきます。これ一冊をやっていればいいというわけではありませんが!気休めにはなります。正直!すごく簡単なので役に立っているのか不安でした。。お勧めです。が!問題集は!本人とやる気次第なので…最後までやり終えてくれるかどうか!というところなのですが。某進学塾の先生がおすすめしていたので小学生の娘に購入したのですが、中学生の息子にも有効のように感じています。特に始めの方は!簡単に単語を入れていくだけだったりするので!その場で答えも含めて音読させて見開き2ページ終わり!これで1日1つ!ということをしました。子どもの導き出した解答の、何がよくて何が悪いかを指摘していったら、どうやら感じるものがあったようです。そんな息子が毎日1ページやることで少しずつ力がついてきたように思います。あとは、機械的に言い換えを書いていくだけでは意味がないのでこの言い換えを学ぶことによって、この言葉の後には結論、とか、この言葉の前には具体例というように使うということを学んでいるんだということを、国語が苦手な息子には、私が説明しております…(*_*;子どもが1人で解説を読んで解く場合は、その点をおさえられているか確認した方が良いようです。感じ取るとかイメージするではなく!あくまで論理的に考えようという方法は分かりやすいようです。受験の追い込みに使用しました。期待しています。未だ始めたばかりですが、はじめの簡単だと思われる問題でも「難しい問題もある」と言いながら解いています。